ホンダには昔から親しまれているモデルがあります。
それがモンキーです。

モンキーは関東にあるホンダの遊園地の玉テックで遊具として作られたのが前身でそれを原付の保安基準に適合させ商品化したものです。
当初はサスペンション無しのフレームにスーパーカブのエンジン、トランスミッションを搭載した形で作られて、車載のためにハンドルが折れ曲がるような仕組みも取りつけられていました。
原付の主力が2ストロークエンジンとなった自体でも頑なに4ストロークエンジンを使い続け、それがかえって人気となり、後にガソリンタンクを大きくしたゴリラという派生モデルも作られていました。

モンキーに対してゴリラというのも非常に安易なネーミングですが、ほとんど同じモデルですのである意味妥当なのかもしれません。
現在でもモンキーの排ガス規制適合モデルが販売されていますがパワーダウンされて事は非常に残念です。
モンキーといえばダウンマフラー、完全に保安基準から外れたものですが、これを付けたモンキーから発せられる「バブ~」という排気音はこのモデルの個性といってもいいでしょう。
最近ではあまりこの音を聞くことがなくなってしまいましたが、先日久しぶりに聞いた時はなぜかとても懐かしい気分になりました。